ニキビが出来たときにする、保湿の正しい方法

保湿の方法は、スッキリ垢をとって潤すタイプとさっぱり脂をオフする保湿タイプの2種類があります。2つはほぼ一緒ですが、保湿の前に必要なお手入れが異なります。

スッキリ垢をとって潤すタイプ

⑴古い垢をとってあげましょう

垢を取るのにもポイントがあります
垢取りのお化粧品は、溶かしたり削ったりするものではなく、取り外すタイプのものが一番おすすめです。
溶かしたり削ったりするものですと、必要以上に垢をとってしまうことがありお肌の負担になりやすかったりしますので加減が必要です。
取り外すタイプですと、垢を取り外すのでお肌に優しくお肌をつるんとしてくれます。

お肌に赤みがある方は、赤みの部分は皮膚が比較的に薄いですので
赤みの部分は避けて垢とりをしてあげるといいでしょう

⑵朝の洗顔は、ニキビのある部分だけ泡をのせて優しく洗ってあげましょう
ニキビのない部分はすすぐだけでオッケーです

脂をオフする保湿タイプ

⑴朝と夜、2回洗顔をしてあげましょう
ポイントは、ゴシゴシ洗わないこと。

生クリームのようなフワフワもっちりとしたキメの細かい泡で
指は触れず泡を転がすように洗顔してあげましょう

⑵日中、テカリが気になったら脂取り紙もしくはティッシュで脂をとってあげましょう。
脂が多いとお肌がアルカリ性に傾き雑菌ばい菌が繁殖しやすく、
また脂が酸化はするため、くすみの原因にもなりますので
脂をとってあげましょう

 

いよいよ!保湿のやり方!!

先ほどもお伝えした通り、2つのタイプは保湿のやり方はほぼ似ております。

まず、化粧水のタイプはしっとりタイプではなくさっぱりタイプを選びましょう。油分が少ないため、水分をしっかり届けることに適しています。

化粧水をなじませるときは、手でなじませましょう。もちろん清潔な手で(^^)
コットンよりも手の方がおすすめです。
手の方がお肌の状態を確認しやすいからです。

化粧水をなじませる際、お肌が手に吸い付いてくるまで、しっかり化粧水をなじませてあげましょう。なじませている手に化粧水がなくなるまで、しっかり優しくなじませます。

なじませている手にまだ化粧水ご残っていて、顔はビシャビシャの状態ですと
ホコリなどがつきやすいのでニキビには良くありません。

次に、美容液や乳液・クリームなど。
ニキビにはつけず、ニキビのない他の部分につけてあげましょう。
ニキビは皮脂が詰まったものが多いため、油分を多く含んでいる美容液や乳液・クリームなどは避けてあげるといいです。

お尻が痩せない 狭い部屋での運動 ウォーキングの仕方

まとめ


いかがでしたか。私も初めて教わったときは、初めで聞いたことも多く驚きましたが
肌に合ったお手入れをしてあげること、
肌としっかり向き合うことが綺麗に繋がるのだと感じました。
これからもしっかりお肌と対話して、いつまでも若々しくいたいと思っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です