ニキビに保湿はいるの⁉徹底解説!

ニキビに保湿はいる?

ニキビは、一つでもできると気になりますよね!私は小学生のときから悩まされており、終いには、大人になる頃には顔中に膿のあるニキビができていきました。人と目を合わせて話すのが恥ずかしいくらい悩んでいました。皮膚科や、綺麗な化粧品屋さんから進められる化粧品、エステなどなど…いろいろ試してきました。しかしどれを試しても、落ち着かず。

何がニキビにいいのか分からない私でした。

ですが、お肌のことをしっかり教えていただき、ニキビについての知識をしっかり教えていただいたおかげさまで、いままでしていたお肌のお手入れが間違いだらけだったことにきづきました!
お肌に合ったお手入れをしていくことで、だんだんと深刻に悩んでいたニキビはだんだんと落ちついていき、今ではニキビは全然気にならなくなりました。

その中でも、ニキビには保湿が必要かどうかをお伝えしますね。

綺麗なふくらはぎ

 ニキビのある肌の状態を見極めよ!

「ニキビは、脂でできているから化粧水や乳液つけたら更にニキビが増えそう⁉︎」
って思ったことありませんか?

私もその一人で、化粧水だけで終わらせていました。

実は、お肌の状態によっては大きく分けて2つのタイプがあり、
スッキリ垢をとって保湿タイプとさっぱり脂をオフして保湿タイプ

まず、スッキリ垢をとって潤すタイプ
ニキビはあるけどお肌がカサカサと薄皮がむけるくらい乾燥を感じる方

ニキビできるのに、ニキビのないところはカサカサする、どうしてなの?って思いますよね。

お肌の理想の状態は、脂と水分のバランスが1対1の時が理想的です。
水分が足りていないとお肌を守ってくれる皮脂膜げできにくく、雑菌ばい菌が繁殖しやすくなります。
また、古い垢もたまっているため水分が蒸発しやすく、お肌のバリア機能が低下している状態です。

さっぱり脂をオフして保湿タイプ
全体的にお肌の表面の皮脂がギトギト目立つなと感じ、洗顔した後は顔がつっぱるぐらい乾燥を感じる方

私もこのタイプでした。顔は、つっぱるくらい乾燥を感じてるのにすぐにテカテカになっていました。

このタイプの方は、水分が足りていないので脂が目立って、お肌がアルカリ性に傾き雑菌ばい菌が繁殖しやすくニキビができてしまうことが原因だったりします。

なので、まずは朝と夜
優しく洗顔をしてあげてさっぱり脂をオフし保湿が必要になってきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です